芝生を自宅に植えたいなら通販で購入するのがベスト

婦人

採れたてを味わおう

野菜

脇芽かきと誘引が大事

家庭菜園で人気のある野菜というと、トマトがあげられます。自分の手で育てたトマトのおいしさは格別のものです。ぜひ、トマト栽培に挑戦して、みずみずしい採れたてトマトを味わってみましょう。トマトの育て方でまず気を付けたいのが、連作障害についてです。トマトはナスやピーマンと同じくナス科の野菜です。ナス科の野菜は連作障害が起こりやすいため、以前に同じナス科の野菜を栽培した場所は避けるようにしましょう。次に、育て方の基本として守りたいことは、植え付ける苗の選び方です。良い苗を選ぶことが、その後の成長に大きな影響を与えます。葉の色や節間の長さ、花や蕾の状態を確認して苗を購入するようにしましょう。トマトの育て方で忘れてはいけないことが、脇芽かきです。順調に成長したトマトは、葉の付け根に脇芽が伸びてきます。これを一つ一つ手でつまんで折って取り除きます。脇芽をそのままにしておくと、実がつきにくくなってしまいます。そして、もう一つ、育て方で大切な作業が茎の誘引です。植え付ける際に、苗の近くに支柱を立てます。トマトは成長すると背丈が伸びてゆきます。そのままにしておくと、長く伸びた茎が折れてしまうので、その都度支柱に紐を結んで誘引するようにします。茎は成長に伴い太くなっていくので、余裕を持って緩く結ぶようにしましょう。熟した実は、雨に当たると裂けてしまうことがあります。これを避けるために、ビニールなどで雨よけの屋根を作ってあげるとよいでしょう。